会員専用

事業者向け最新情報

New!
【2022.9.16】「タクシー事業者による食料・飲料に係る貨物自動車運送事業の許可の取扱い等について」の事務取扱について
別添


New!
【2022.8.30】令和4年度整備管理者研修会の開催のご案内

標記につきまして、関東運輸局茨城運輸支局より開催する旨の通知がありましたのでご案内申しあげます。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、「密を避ける」環境での研修会開催とし、受講義務のない方(補助者等)の受講はお控えいただくようになりますので、よろしくお願い致します。
つきましては、本年度も予約制の受講となりますので、会員事業者の方は、研修申込書を協会あてに郵送またはFAXお願い致します。

令和4年整備管理者研修案内文
令和4年整備管理者研修申込書(こちらの用紙で申込して下さい)


New!
【2022.8.3】令和4年度自動車事故対策費補助金に係る交付申請について

標記補助金については、今般、国土交通省自動車局安全政策課長及び技術・環境政策課長より周知依頼がありましたので、お知らせします。
概要につきましては、別添、国土交通省の「プレスリリース」をご覧ください。
今回はITを活用した遠隔地における点呼機器についても対象としております。なお、申請受付期間内(令和4年7月22日~11月30日)でも予算額に達すれば受付が締め切られますので、導入をご検討されている事業者の皆様におかれましては早めの申請をよろしくお願い致します。

・実施する補助事業
(1)先進安全自動車(ASV)の導入に対する支援
(2)運行管理の高度化に対する支援
(3)過労運転防止のための先進的な取り組みに対する支援
(4)社内安全教育の実施に対する支援

(別添)
・国土交通省HP プレスリリース「自動車事故対策費補助金の申請受付を開始」
https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001490924.pdf
要領、様式、記載例等抜粋したものを下記へ掲載しましたが、更に詳しい詳細はHPをご参照下さい。

(1)先進安全自動車(ASV)の導入に対する支援
・募集要領(ASV
・報告書様式(ASV
・報告書様式記載例(ASV

(2)(3)(4)運行管理の高度化・過労運転防止・社内安全教育に対する支援
・募集要領    (運管高度化)(過労運転防止)(社内安全教育
・報告書様式   (運管高度化)(過労運転防止)(社内安全教育
・報告書様式記載例(運管高度化)(過労運転防止)(社内安全教育
※必ず令和4年度用の報告書様式をご使用下さい


New!
【2022.7.5】いば旅あんしん割地域応援クーポン加盟店の募集について

茨城県では、コロナ禍での旅行需要喚起策として「いば旅あんしん割」を実施しており、 宿泊・日帰り旅行の代金に応じ、地域応援クーポンを配布しています。
4月1日以降、対象を地域ブロックへ拡大し多くの方が利用しており、本事業の効果を県内全域に波及させるため、より多くの事業者の参加を頂きたく、下記のとおり引き続き地域応援クーポン加盟店を募集しています。

《「いば旅あんしん割」の概要》
対象期間:令和4年7月14日(木)宿泊分まで
・支援内容:1人(1泊) 当たり、最大5千円の宿泊・旅行料金の割引と、最大2千 円分の地域応援クーポン券を配付
・支援対象:「ワクチン3回接種済」または「検査で陰性」である。
「茨城県・福島県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・神奈川県・山梨県」の居住者

《地域応援クーポン券について》
概要:旅行期間中に県内の土産物店、飲食店、観光施設、タクシー、レンタカー等で利用可能なクーポン券
発行券種:紙クーポン、券種1,000円
有効期限:宿泊日及びその翌日
申込方法:公式ホームページ内の申請フォームからお申込みください。https://ibatabi.jp/coupon/

《参加申込に係る問い合わせ先》
「いば旅あんしん割事務局」029-225-1016(平日9:30~17:00)

「いば旅あんしん割」における地域応援クーポン券の配布は、令和4年7月14日(木)宿泊分までとなり、地域応援クーポン券の利用期限はその翌日までとなります。 それ以降は全国を対象にした観光需要喚起策(全国旅行支援)が予定されており、クーポン券等の配布はそのまま引き継がれるとのことですので是非ともご検討ください。


New!
【2022.7.5】旅客自動車運送事業運輸規則第29条の規定に基づく地図の規格について

旅客自動車運送事業運輸規則第29条には、車両に備え付ける地図は発行日から2年以内と規定されているところですが、「新型コロナウイルス感染症の影響により売上げが激減しているため、発行から2年以内とされている地図の規格について、コロナ終息までの間は期間を延長してほしい」との要望書を関東地区ハイヤー・タクシー協議会等が提出したことを受け、関東運輸局では昨年、令和4年7月1日までの間は継続して使用することができるとしておりましたが、今般、未だコロナ禍の影響が終息したとはいえない状況を鑑み、令和5年7月1日まで期限を延長するとの通知がありましたのでお知らせします。

また、関東運輸局では 紙・電子等、今後の地図の在り方については機会を捉え本省と協議して参りますとのことでしたが、当協会と致しましても、これから各政党に対して政策要望などを通じて電子(ナビ)のみにしてもらえるうよう意見を上げて参りたいと考えています。
<参考>旅客自動車運送事業運輸規則第29条の規定に基づく地図の規格について


New!
【2022.7.5】働きやすい職場認証制度の申請受付開始について

国土交通省では、自動車運送事業の運転者不足に対応するための総合的取組みの一環として令和2年度に「働きやすい職場認証制度」を創設しました。

今回も新規「一つ星」の申請を、以下のとおり受け付けます。
(1)新規申請受付期間:令和4年9月16 日~11月15 日
(2)認証事業者の公表:令和5年3月以降順次(予定)

これを取得すると、厚生労働省と連携し、ハローワークにおける求人票への認証マークの表示や認証事業者と求職者のマッチング支援が行われます。
また、求人エージェント等の認定推進機関の協力を得て「求人サイトに認証事業者の特集ページの掲載」、「設備改修工事の料金割引」等も行われます。

申請方法など詳細を紹介した「申請案内書の骨子」は働きやすい職場認証制度のホームページ(https://www.untenshashokuba.jp/)に掲載されています。

令和2年度に申請し、一つ星を取得された事業者の有効期間は令和5年6月30 日までとなっており、継続申請は12月から受付開始となります。
(詳細は8月末迄に公表される予定で、継続料金については検討中です)

<参考>国土交通省報道発表資料
https://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha01_hh_000075.html


2023(令和5)年度卒業・修了予定者等の就職・採用活動に関する要請について

経済産業省より、2023(令和5)年度卒業・修了予定者等の就職・採用活動に関する要請について、周知依頼がありましたのでお知らせします。
別添


【2020.5.12】令和3年度タクシー事業者に対する燃料価格激変緩和対策事業について

本事業は、現在の原油価格高騰を受けLPガスを使用するタクシー事業者に補助を行うものです。
補助対象となる車両は当該期間に保有していた車両であり、LPガスを使用する車両に限定されます。
なお、本申請はPCが無いと手続きができません。その場合は、下記事務局へ相談をするようになっておりますので、直接ご確認をお願い致します。

タクシー事業者に対する燃料価格激変緩和対策事業事務局
(略称:LPガス燃料緩和事務局)
受付時間:平日 10:00~16:00 (土日祝日を除く)TEL : 050-5527-4152

第1期:令和3年度タクシー事業者に対する燃料価格激変緩和対策事業
https://www.lpg-subsidy.pacific-hojo.jp/1ki/

第2期:令和3年度タクシー事業者に対する燃料価格激変緩和対策事業
https://www.lpg-subsidy.pacific-hojo.jp/2ki/

 

 


新型コロナウイルス関連

全国ハイヤー・タクシー連合会

タクシーにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン(第3版) 2021.11.1


経済産業省

新型コロナウイルス感染症関連
https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html


茨城県

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため行って頂きたい取組
(各業界別ガイドライン/交通機関向け)
https://www.pref.ibaraki.jp/shokorodo/chusho/shogyo/2020korona/documents/01_koutuu.pdf

 

厚生労働省

厚生労働省HPより
・新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html
・新型コロナウィルスに関するQ&A(労働者の方向け)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00018.html

東京タクシー協会作成 労務実務Q&A(R2.6.5版)